借地権売買は勝手に出来ないのか


家借地権売買は、必ず地主の許可が必要です。そのため、地主が納得してくれずに売買出来ない人もいます。そこで、借地権売買に特化している不動産屋などに相談をしてみましょう。地主が見知らぬ人に売却されるよりは自分で購入した方がいいと考えている場合もあります。売りたい、ダメ、のやり取りを繰り返すのではなくお互いが歩み寄る話し合いをしてください。

借地権の相談に関して、無料の所がありますが本格的に売買に関することを行いたい場合は費用がかかることもあるので注意してください。売買に関する相談をするのであれば、弁護士よりも不動産屋がいいでしょう。無料相談後は、そのまま売買に関する作業に入ってもらえばいいのです。相談対応している不動産屋の中には、不動産屋自体が借地権を買い取ってくれるところもあります。売買に困っている人は、借地権買い取りもしてくれる不動産屋を探しましょう。

地主が売却に納得していない場合、不動産屋に売買に関する相談を行っていれば地主への説得もスムーズに行ってもらえる可能性があります。売買難航していた借地権を不動産屋が買い取ったという話は珍しくありません。地主としてもそのまま放置より買い取ってもらえた方がいい場合もあるので、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。